活動実績


今までのことばキャンプの開催施設数・参加人数です。

  2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 合計
開催施設数 2 4 8 8 11 14 7 19 22 14 109
児童の参加人数 18 65 74 73 102 115 70 91 202 58 868
職員の参加人数 3 8 177 194 177 181 98 258 260 62 1418

施設で実施する内容

目指していること

  1. 子どもたちが、自分を表現する力を身につけることによって、コミュニケーション力がつき人間関係が円滑に結べるようになるばかりでなく、自分自身を認め積極的に自分の人生を生きていけるようになることを目指します。
  2. 施設職員の方を対象にしたセミナーを実施することで、子どもたちのコミュニケーションを日常的にサポートする体制ができることを目指します。

 

支援プログラム

小学生を対象とした「小学生プログラム」

中学生を対象とした「中学生プログラム」

高校生を対象とした「高校生プログラム」

 

職員を対象とした「職員研修」

 

小学生プログラム(4~6年生)

子ども向けワークショップ 6回(2時間/1回)

職員向けセミナー     2回(1時間半/1回)

がセットになっています。

 

プログラムの流れ

①打ち合わせ

②第一回
職員研修
③ことばキャンプ
全6回
④第二回
職員研修

子ども向けワークショップ各回のテーマ

1回 自己紹介・聞く力を育てよう・伝言ゲーム

2回 聞き取りワーク・ステレオゲーム

3回 クッション言葉をつかおう・質問ゲーム

4回 ポジティブに考えよう・3ヒントゲーム

5回 インタビューに挑戦!・ジェスチャーゲーム

6回 クモのすウェブで頭の整理・発表に挑戦・終了式

ご参加いただいた社員・職員の感想

Merrill Lynch日本証券 藤本 浩昌

ことばキャンプのフィールドトリップの活動は施設の子供達だけではなく、私たち大人にとっても大切なことを学ぶことができる場だと感じました。それは相手の気持ちを大切にしながら自分の気持ちを自分の言葉で伝えるということです。

子供達はプログラムの中で一生懸命自分の言葉で自分の考えを私たちに伝えてくれました。その姿を見た時は、この活動の準備の際に「子供達が楽しむことができればいいな」とだけ考えていた自分に恥ずかしさを感じました。というのも子供達を尊重しつつも対等の目線で接するべきだと気付かされたからです。うわべ面だけの会話ではなく、難しい言葉でごまかすのでもなく、自分の本当の気持ちが相手に伝わることでこそコミュニケーションが成立し、会話を楽しむことができるのだと感じたからです。

施設の子供達と社員が真摯にやりとりをしている姿は非常に美しく、また子供達が緊張しながらも課題を成功させていくその姿は非常に感動的でした。子供達の表情にも達成感が感じられると、ことばキャンプが子供達の今後の人生に大きな成功をもたらすきっかけになるのだろうということを確信でき、是非たくさんの施設の子供達に参加してもらいたいと思います。

鎌倉児童ホーム 及川 貴志

児童養護施設はコミュニケーションを苦手とする子供が多く、職員は「課題」として捉えながらも「普段の関わりのみでは足りない」状況を日々感じています。(児童養護施設全体の課題でもあります)
ことばキャンプを行うとまず子供達が小さなチャレンジを繰り返し始めることがわかります。
そして職員はそれに気付き褒めるようにするので、少しずつ大きなことにチャレンジできるようになります。さらにその姿を他の子供達が気付き、互いを褒め合うようになるのです。プログラム中、私は幸せな気持ちになります。

プログラムを通して参加する皆が他者と共有して生きている、生かされていることを感じることのできる時間だからなのではないかと考えます。
プログラム終了後の私は、子供達へのアプローチは思慮深くなり、大きな問題行動にどう対応するかではなく、生活場面での継続性のある直接的、間接的なアプローチがいかに大切であるかを強く認識することができました。

千葉みらい響の杜学園 三好 由香子

本園では小学3〜6年生の男女児童が参加しました。私の担当児であった当時小6の女児は、人前を苦手とし発表場面では決して手をあげることなく、目があうことの少ない児童でした。
しかし、ことばキャンプを重ねていくうちに、職員が手助けをしながら手を上げられるようになり、人前で発表ができるようになり、目を見て話ができるようになりました。
そして彼女だけではなく参加した全ての子供達がことばキャンプで学んだことが多くの生活場面でも活かされており、特に話を聞く態度が目に見えて変化しました。

人と目を合わせることが苦手な子供達ばかりでしたが、自分から目を見ることができるようになり、確実に力になっているのを感じます。それはことばキャンプが終了しても定着しており、子供達の可能性を改めて実感しました。

子供の感想

ことばキャンプをやって、今まで苦手だった人に話すことができるようになってよかったです。

6回は長いと思ったけど、終わって見たら短かった。またやりたいです。

きんちょうしたけどがんばりました。

私は発表するのが苦手だったけど、終わったらいろいろ褒めてもらえるので発表は楽しいと思えました。

聞く耳モードを覚えたので学校も楽しくなりました。


ご支援いただいた行政・企業・団体

プロジェクト名  採用年
ゴールドマンサックスコミュニティーチームワークス(CTW) 2008,2009,2010,2011,2012,2013,2014,
2015,2016,2017,2018,2019年
かながわ子ども子育て支援プロジェクト 2009,2010年
独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成金
(▶ 福島県でのことばキャンプ実施報告
2012,2013,2015,2017,2018年
ゴールドマンサックス・ギブズコミュニティー支援プロジェクト 2009,2010,2011,2012,2013年
JXホールディング 2014年
バンクオブアメリカ・メリルリンチ寄付金プロジェクト 2014,2016,2018年
かながわボランタリー活動推進基金21 協働事業負担金 2015,2016,2017,2018年
museum start あいうえの 2017年

受賞歴

研究会

2012年から毎年、児童養護職員、福祉行政、関係者を対象にした研究会を開催しています。

 

なぜ、研究会をしているの?

これまで多くの児童養護施設を訪問してきて、家庭がそれぞれ違うように施設によって教育方針や雰囲気がさまざまでした。とはいえ、課題を抱えて入所してくる子どもたちを日々養育しながら、子どもたちの自立に向けてさまざまな取り組みを行っているのは同じ。頑張っていらっしゃる職員の方を目の当たりにしてきて、皆様を応援したい!私たちにお役に立てることは何だろうか、と考えて研究会をすることにしました。

 

児童養護施設で働く方たちが、地域を越えて施設を越えて自由に語り合う「場」を提供し、「こんな取り組み、参考にしよう」と情報交換したり、「他の施設でも頑張っているんだな」と共感したり、明日に向けて元気を持って帰っていただきたけたら幸いです。